【歌日記】帝国劇場

「ナイツ・テイル」初日、無事開幕しました。
どっぷりと「ナイツ・テイル」の世界に漬かっています!

 

帝国劇場の舞台を初めて踏んだのは、2007年。
僕の初舞台の「レ・ミゼラブル」。
今回同様ジョン・ケアード演出。

23歳の僕に司教様という大役をくれたジョン。
初舞台の緊張と、劇場に圧倒されている僕に、
「私が選んだから自信を持って」
なんて声をかけてくれたジョン。

その言葉に力をもらい、自信を持って自分のシーンに挑むことができました。

 

そして四季に入団すると決まった、入団前の最後の作品は、
これも帝国劇場、そしてジョンの演出「キャンディード」。

モンテヴィデオ総督の「ドン・フェルナンデ・ディバラア・イ・フィゲロア・イ・マスカレーネス・イ・ランポールドス・イ・スーザ」という、
自分が占領した領地の名前を全部くっつける、傲慢な総督の役を頂きました。

千秋楽のカーテンコールの直前、
「もう、ジョンの演出の舞台、そして帝国劇場に立つ事は出来なくなるんだな・・・。」
と思うと、舞台袖で涙が止まらなくなってしまった、
そんな劇場と演出家の想い出の作品、2010年。

 


そして今回、劇団退団後、初の帝国劇場、ジョンの演出「ナイツ・テイル」、2018年。

ジョンを信じて稽古を突き進み、舞台稽古で帝国劇場の舞台、
そしてお客様が入った、劇場の高揚感。
そこに立つ事の出来ている、感動。

ただいま。また逢えて、本当に嬉しい。


今回はピリソスという役の他にも、ヴォーカルキャプテンも務めさせてもらっています。


主演のお二人、メインキャストの方々のエネルギーは本当に圧巻です。

そしてダンサーの方達の身体能力の高さに、実力のあるシンガー達。

皆の力が合わさって、ナイツ・テイルの世界が溢れ出ている。
こんな素敵な現場に関わらせていただけることに、心から感謝です。

 

うおおお!
運命にありがとう!
この出逢いにありがとう!
千秋楽まで走りつづけます!


歌日記でした。

 

 

 

ゲスト

juju

チケットとれず観劇できないのですが、観た友人からの話…中井さんとてもいい存在だったよ~と聞いています。 いろいろと責任もある舞台。全体を考えながら(見守りながら)まとめていく今回の舞台。まだまたわ変化していくのでしょうね。 また、友人からの報告やブログのアップも楽しみにしていますね。 暑さまたまだ厳しいです。 お身体大切にしてくださいね。

オガ

連日の公演、お疲れ様です。今まで様々な舞台を観劇してきましたが、帝国劇場での観劇は初でした。すごく広い舞台に驚きつつも、さらに迫力のある舞台、そして舞台からのパワーに圧倒させられました。シェイクスピアの巧みな言葉の使い方。かと思えばコミカルな部分もたっぷりあって、昔と今が一つの場に存在するような、とても面白い作り方だと思いました。中井さんの役もかなり重要な役ですよね。本当に楽しそうに生き生きと演じられていましたね。「A CLASS ACT」以来でしたので拝見できて本当に嬉しかったです。これから千秋楽まで、中井さんらしいお芝居をして下さいね。お身体に気をつけて、頑張って下さい。あと1回、観劇に行きます♪

れいこ

ジョンと帝劇と中井さん!感慨深いです。2010年のキャンディードのときは私も淋しい気持ちを抱えつつ一回一回を大事に大事に観劇していました。ナイツテイルというとっても素敵な作品で帝劇で再会できて嬉しすぎです。ジョン・ケアードさんの演出がすごすぎてただただ感動です!入手困難なチケット、観られる回数は少ないですが一回一回、喜びと幸せを感じながら大事に観させていただきます!最後まで力いっぱい駆け抜けてくださいね!!応援しています!!!!

pagetop