【歌日記】『ナイツ・テイル』

/ BLOG

『ナイツ・テイル』の顔合わせ。

台本はあるが楽譜はまだない状態。
僕は出演者のみんな、ほぼ「初めまして」でした。

ワークショップが始まり、みんなで円になり、それぞれ名前を3回言いながら特技をする。その時に気づきました。みんなの身体能力。。
美しい踊り、ジャンプ、バク転……。
僕は「中井!」と3回叫びながら前転をして終わりました 。。。

・・・いやぁ……これは僕がいていい場所なのだろうか……。

 

そんな不安の中からの稽古。
アンサンブルメンバーはまだ誰がどの役か決まっていなく、やる事はその日に配られた楽譜の音とり。

1曲ずつ、初めて聴くポップなメロディーが流れる中、必死で歌います。

同じ音を歌っているのに、半音高く歌っちゃう子・・。
みんな一生懸命、全力で間違えます。
この全力で間違える気合、僕は大好きでした。
全力で間違えるから、指摘しあえる。
そして曲がまとまっていく。

僕はいつの間にかボーカルキャプテンになってました。

みんなが必死で、形の見えない物に向かって進んでいく。
振付も、台本も、曲も、どんどん変わる。

 

僕らはジョン・ケアードを信じてました。

ジョンがいっているのだから、信じよう、トライしよう。
そんな風に励ましあいながら進む稽古。


初演。
何も見えないから不安。
何も見えないから可能性しかない。


シェイクスピアの台詞。
ジョンの脚本、今井麻緒子さんの訳詞。
歌も好きですが、僕は台詞も好きです。


台詞の中から見えるキャラクターの個性を掴み取る。
掴み取る事で、たくさんの本番の数をこなしても、
その役として同じセリフを毎回新鮮に役として投げかけ、受け取ることが出来る。


「居て、捨てて、語る」


浅利慶太先生がおっしゃっていた言葉。

練習は死ぬほどする。舞台上に立ったら、役として居て、練習している自意識を捨てて、役として語る。
僕はこう理解し、毎回舞台に臨んでいます。

今回頂いた「ピリソス」という役。
脚本から読み取った居方は、頑なな閣下の姿。友でありながら、忠誠を誓い、共に国の事を考える右腕。


僕はすごく役を引きずってしまうんです。
『オペラ座の怪人』でラウル役を演じていた時、寝ても覚めてもオペラ座にいる感覚。
腸炎になり緊急入院。(笑・・いや、もはや笑ってください!)

『美女と野獣』の野獣役をやってるときも、孤独にさいなまれる瞬間を感じようとしすぎてしまい、暗くなる。

いや、これ良くない事です。
だから今回も、ピリソスを引きずりすぎないように・・と思っていたのですが・・


昨日、『ナイツ・テイル』千秋楽後の自分と向き合って気がつきました。
頑なに、そしてシーシアスを想い、国のために尽力しようという心から解き放たれて、
いつもの腑抜けな中井智彦がようやく帰ってきました!(笑)

 

麻緒子さんの訳したジョンの台詞、僕は大好きでした。
喋れば喋るほど体にまとわりついてくる台詞。
ピリソスとして存在している事で時に愛おしく感じるアーサイトとパラモンの台詞。
実はシェイクスピアの台詞を喋るのは初めてだったのですが、
ジョンのアドバイスと共に、恐れず、生き生きと解放する事が出来ました。
感謝。

 

髭は、ピリソスと一緒に梅田芸術劇場において来ました。
これ以上ピリソスと一緒にいてしまうと、中井智彦が生きていけないから。

 

だから、また逢いましょう、ピリソス。
アーサイト、パラモン、シーシアス、みんな。

本当に有難うございました。


歌日記でした。





 

 

【コンサート情報】
中井智彦コンサート「I Live Musical!」
シリーズ第4弾    東京・大阪にて開催!!




 


【 公演情報 】



中井智彦コンサート「I Live Musical ! 4」

<東京公演>
【日時】2018年11月17日(土)
昼:開場14:00 開演15:00
夜:開場18:00 開演19:00


【会場】目黒BLUES ALLEY JAPAN
住所>>東京都目黒区目黒1-3-14  目黒ホテルレオンインターナショナルB1F
アクセス>> http://www.bluesalley.co.jp/aboutus/access.html

前売り6,000円(税込) 当日6,500円(税込)
全席自由・整理番号付き/別途シートチャージ540円(税込)必要

東京公演・チケット

 

 

<大阪公演>
【日時】2018年11月23日(金・祝)
開場16:30  開演17:00

【会場】THIRD STONE 福島店
>大阪府大阪市福島区福島8-8-3ランドマーク福島B1-2
アクセス>> http://www.3rd-stone.jp/Access.html


前売り6,000円(税込) 当日6,500円(税込)
全席自由・整理番号付き/別途ドリンク代必要
大阪公演・チケット



共演:長濱司(ピアノ)/テオクソン(ドラム&パーカッション)
 

[主催]upcoming/BLUES ALLEY JAPAN
[企画・制作]upcoming
[制作協力・運営]ウドー音楽事務所/大阪ウドー音楽事務所
[協力]ぴあ/中井智彦オフィシャルファンクラブ「ブルートレイン なかい号」

 

 

【プロフィール】


中井智彦 (表現者・歌手・俳優)


神奈川県出身。東京藝術大学卒業後、2007年「レ・ミゼラブル」でレーグル・司教役で初舞台を踏む。2010年劇団四季入団。「オペラ座の怪人」(ラウル役)「美女と野獣」(ビースト役)「アスペクツオブラブ」(アレックス)の作品でメインを務める。「中井智彦Premium Show」(2016年)を開催。1部に企画構成・演出・作曲を中井自身手がける独り舞台「詩人・中原中也の世界~在りし日の歌~」を発表。サラブライトマン ジャパンツアーに参加。浅利慶太プロデュース「オンディーヌ」(マトー役)/ミュージカル「バイオハザード」「魔女の宅急便」(オキノ役)「ひめゆり」(檜山上等兵役)「カラフル」「A CLASS ACT」/テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」出演。今後、ミュージカル「KNIGHTS’TALE ナイツ・テイル-騎士物語-」(2018年7月-8月 帝国劇場 9月-10月 梅田芸術劇場) ミュージカル「レ・ミゼラブル」(2019年 帝国劇場 ほか)への出演を予定している。
【リリース】1stCD「私の歌を聴いてくれ」/CD&BOOK「詩人・中原中也の世界」/ライブ収録CD「愛せぬならば」「ひそかな夢」「見果てぬ夢」

力的に活動中。- 

 

「I Live Musical!」スペシャルダイジェスト公開!


 

2018年5月11日(金)ヤマハ銀座スタジオにて開催された「I Live Musical!3」よりライブ映像が公開されました!

※本映像は2018年5月11日(金)ヤマハ銀座スタジオで開催された中井智彦コンサート「I Live Musical!3」の一部を収録したものです。
 

共演:長濱司(ピアノ)/テオクソン(ドラム&パーカッション)

 

■中井智彦 ミュージカルコンサート 「I Live Musical!3」スペシャルダイジェスト (約10分)

 

////////
中井智彦プロデュース ミュージカルコンサート
「I Live Musical!3」スペシャルダイジェスト
////////

「ラマンチャの男」(「ラマンチャの男」より)
「ラ・ラ・ランド組曲」(「ラ・ラ・ランド」より)
「僕の願い」(「ノートルダムの鐘」より)
「罪の炎」(「ノートルダムの鐘」より)
「Someday」(「ノートルダムの鐘」より)
「メモリー」( 「キャッツ」より)
「夢破れて」(「レ・ミゼラブル」より)
「星よ」(「レ・ミゼラブル」より)
「ジャベールの自殺」(「レ・ミゼラブル」より)
「ひそかな夢」(「美女と野獣」より)
「見果てぬ夢」(「ラマンチャの男」より)

 

ゲスト

オガ

「ナイツ・テイル」、お疲れ様でした! 歌日記を読ませて頂くたびに、どれだけ作品を愛しているか、どれだけ役者という仕事に誇りを持っているか…。それがすごく伝わってきました。そして今回の歌日記はそれだけでなく、ひとつの作品、役を演じ続けた満足感や達成感など、溢れんばかりの気持ちが伝わってきました。観劇の時には、ひとりひとりが本当に輝いていて、感動でいっぱいでした。舞台を作り上げる俳優さんを始め、作品に関わるスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

pagetop