【動画版:歌日記】献呈(シューマン) *一般公開ページです*

「私の恋しきクララ・シューマン内山金子様/作曲家ロバート・シユウマン古関勇治より」

朝ドラ、「エール」の主人公のモデルになった作曲家 古関裕而(本名勇治)さんが妻の金子さんにあてた手紙の最後に書いた宛名書きです。


あああぁ、なんてロマンチック!



僕はドイツリートを大学時代に勉強していて
その中で特にロベルト・シューマンの「詩人の恋」と言う連作歌曲に惹かれ、よく歌っていました。
その中の歌曲集「ミルテ」は、結婚式の前夜、ロベルト・シューマンからクララに捧げられた全26曲の歌曲集です。

その中の第1曲目が、この「献呈」。

歌に出てくる「Du」は「あなた」という意味なんですが、この曲の中でなんと、18回出てきます。

詩はリュッケル。
流れるような旋律。
絡み合うピアノ。
愛に溢れた詩。

・・・わあああぁぁぁ、やっぱり、ロマンチック!!!


朝ドラ「エール」を見ていてムズムズするのが
(これは音大生は特に"あるある"なのかもしれませんが・・・)
もどかしさ、歯痒さ、音楽の表現の難しさ、こだわり。
色んな葛藤がリアルに突き刺さってきます。

そして古関さんが奥様に送った手紙もそうでしたが、
作曲家と自分の生き様を重ね合わせちゃう・・・・
身に覚えがありすぎます。

ロベルト・シューマンはもちろん、傷ついた時はシューベルト。
自分と戦いたい時はベートーベン・・・・あぁ、思い当たりすぎる(笑)

中でもこの「献呈」はシューマンの愛に溢れた一曲で、僕自身一番好きなドイツリートかもしれません。

僕の青春を重ね合わせながら「エール」、毎朝楽しみに拝見させていただいています。

歌日記でした。

 

 


#チャンネル登録お願いします!

ゲスト

  1. ゆき

    宛名書き 本当に素敵でロマンチックですね
    こんな宛名のお手紙いただけて金子さん嬉しかったでしょうね(^-^)

    献呈
    ドイツ語は全くわからないんですが…中井さんのシューマンが歌う先にクララの姿が見えるようです
    どんな詩だろう?とちょっと探してみたら本当にロマンチックでクララへの愛に溢れた歌詞ですね
    美しい長濱さんのピアノと情熱的な歌声とお姿の中井さんに魅せられました^ - ^
    シューマンのクララへの愛の曲 26曲で綴られたミルテ全曲通して聴いてみたくなります

    エール 今は自分の殻を打ち破る葛藤の日々が少し続いていて観ていて裕一さんと音に本当にエール送りながら観ていますが…紺碧の空を書き上げる事でまた新しい音楽の世界が広がっていくのかな?と今後の展開目が離せません
    今日の原田さんとのラジオの音大時代のお話やこの歌日記を読ませていただいて 明日からのエールまた新しい観え方見つかりそうです

    自分と戦いたい時はベートーベン何かわかる気がします

pagetop