【歌日記】J-WAVE「STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL」 放送100回目への感謝!

2021年3月26日金曜日。
僕がナビゲーターを務めるJ-WAVE(81.3FM)の番組「STAGE PIA WE/LIVE /MUSICAL」100回目の放送日でした!


第1回目のゲスト、別所哲也さんから始まり
これまでにたくさんの俳優や演出家、ミュージカルを愛する方々にご出演していただきました。
本当にありがたいです。


そもそも喋り下手な僕が、こんなに贅沢な番組のナビゲータ務めるなんて、
夢にも思っていませんでした。

子どもの頃は、人前で何を言いたいのかわからなくなってしまう、そんな子でした。
ただ、歌うとなると別で、音楽の時間に急にみんなの前で大きな声で歌うという、不思議な奴だったと思います(笑)


大人になっても喋りへの苦手意識は変わらず、ライブのMCでも「早く歌に移っ て、お客様を安心させなくては・・」と思ってしまうほど。


そんな中、事務所のスタッフと一緒にライブを作るようになって、
「MCもその空間にいるお客様に楽しんでいただくための、大切な時間」という認識に。
そうなると、前の曲の余韻から、次へ行くためのステップをどう作るか、という捉え方に変わっていきました。


先日の「トーク&ライブ-歌宴-」で「どのようにMCを用意されてますか?」という質問に、
「箇条書き!」とお答えしましたが、実際ここに至るまでは色々ありました。


最初は「一言一句、しっかり文面を準備して挑む」という感じでした。
その結果、あまりにもカタイ中井が出現…。
お客様もつられて緊張するレベルだったと思います(汗)
こりゃいかん。どうするか…。


次に考えたのが「ほぼ白紙でやってみよう!」作戦。
ざっくりな流れだけ考えて、いざ挑んだライブでは、話したいことが独りよがりに。
結果、大幅に時間が伸びてしまい、スタッフに叱られる始末…。


いやいや、俺ってどうしたらいいんだろう…。


そしてたどり着いたのが「箇条書き」。
この曲の間でお話ししたいことをざっくり箇条書きに。
その点と点の中で、お客様との対話も楽しんでみようと。
結果、自分としても自然に、よりお客様とも対話できるスタイルだなと
気がつきました。



番組の話に戻りますね。

観客で舞台を見る時に、出演されている俳優の想いを想像しています。
作品への思いや、役への捉え方、また役を通じて滲み出る生き様。
「ああ、だからこの方の歌は感動するんだな」とか、客席側から色々想像していました。

そんな僕が観客として抱いていた質問を、現役の俳優さんや演出家さんにぶつけることができる・・
すごい番組ですよね、想像もしていなかったことです。



大人数での会話は未だに苦手意識があるのですが、この番組は「1対1」の対話。

その方の魅力をリスナーの皆さんにお届けしたい、という思いと、
僕自身の興味から、ライブMCのように、話したい事への箇条書きをまとめて、そこから派生していく流れで収録しています。

その派生の波を存分に楽しみながら、ゲストの方の魅力に触れ、毎回感動しています。

100回目。

僕自身も心から楽しませて頂いている番組です。

これからも皆さんに、舞台の楽しさ、魅力をお届けできるよう、精進してまいります!


歌日記でした。



 

ゲスト

  1. ゆき

    WLM100回目の昨夜も楽しく拝聴しました

    毎回ゲストの方とのトークがとても楽しくて
    俳優 中井智彦さんとしてだけでなく、観客としての視点からの作品に対する疑問や感想 コメントをゲストの方とお話される事によって観客側でありラジオを聴く私達にとても身近で作品への興味や観たい❗️と思う気持ちがより強くなっていきます
    実際聴いた後観劇を決めた作品もあって、観劇後あの時のラジオのお話はこう言う事だったんだ
    と観劇後にまた思い返す番組にもなったているんですよ

    色々スタッフ様とも一緒に創りあげられたライブのMCのように相手の方との会話のキャッチボールによってこのラジオもどんどん深みが増していっているんですね

    たくさんの魅力的なゲストさんばかりでしたがやっぱり昨年のラミンさんのゲストが忘れられなくて
    あの時のOl’ Man Rivier 素敵でしたね

    これからも200回300回と続いていって欲しい番組でこれからも楽しいラジオ番組楽しみにしています^ - ^

  1. あずさ

    WE/LIVE/MUSICAL、放送100回目記念、おめでとうございます。そして、いつも素敵な番組を届けてくださって、ありがとうございます!

    私が中井さんとこの番組に出会えた時には、「中井さんはお話しがとても上手な方」だと、既に言われていました。箇条書きの効用だったんですね。(素晴らしいです!)

    番組での中井さんのMCが、大好きです。俳優さん達とは、同業のお仲間だからこその視点や共感があり、演出家さんとはまた違う切り口のお話や深いお話しがあり、必ずしも中井さんが共演されたことのない分野の俳優さんやアーティストの方とも共通の本質的な話題で盛り上がったりされているのを聴くにつけ、感動して鳥肌が立つ思いを何度もしました。

    番組ゲストの多彩さと、それぞれの方と中井さんが共通の話題で盛り上がっていらっしゃる様子から、ミュージカルという土俵の懐の広さと深さを知り、演劇やバレエ、歌舞伎のような伝統芸能まで、広く舞台芸術全般にも関心を広げていただきました。

    そんな素敵な番組のナビゲーターが、中井さんだということがとても意味があると、思っています。音楽とミュージカルに関して広く専門的な知識を持ちつつ、いち観客としての素朴な視点も忘れずに聞いてくださる。ゲストの皆さんの魅力がとても伝わり、いろいろな舞台が観てみたくなります。中井さんの謙虚さと器の大きさの両方があってこその素晴らしい番組だと思います。

    I LIVEシリーズと共に、ずっとずーっと続いて欲しい、WE/LIVE/MUSICAL.いつも素敵な放送をありがとうございます。末永く楽しませていただけますように。

pagetop